プラモデルの展示、作り方解説、アイテム情報とか
 HOMEツール レビュー>This page
プロクソン ダストキャッチャー (集塵テーブル)
ルーターやヤスリなどでの切削作業で発生する切りクズや粉塵を吸い取るプロクソンの集塵機、ダストキャッチャー(集塵テーブル)を使用してみたレビューです。
内容物一覧

内容物は以下の通り。
  • ダストキャッチャー本体
  • 天板カバー(パンチ穴の開いた金属板)
  • 専用フィルター3枚
  • ツールスタンド
  • 天板カバー用ノブ
取扱説明書はこんな感じ。 なお本製品の保証期間は6ヶ月です。





ダストキャッチャー外観
中にシロッコファンが取り付けられていて、まんま塗装ブースを寝かせたような構造になっています。天板カバーの乗る吸引スペースは斜面になっていて作業を行いやすくなっていますが、そのかわりに物を置くと転がってしまうので置けません。排気口は右側側面に付いています。
本体サイズは290mm x 250mmで共に30cm以下。集塵機のわりに案外コンパクトな印象を受けます。 天板カバーのサイズは150mm x 196mmで、ここが実質吸い込み可能な吸引パネル面です。


天板カバーを外すとシロッコファンの上に専用フィルターが被さっています。 フィルターを外すとややくぼんだ逆四角錘形の中央に、直径90mmのシロッコファンが付いています。


吸引パネル部分は斜面になっていて作業がしやすいです。ただし物はすべり落ちるので置けません。右側面に排気口があります。 ツールスタンドにはビット類を置けますが、この私はパーツ置き場に使ってます。電源スイッチは粉塵対策で透明ラバーで覆われてます。




使い勝手
13Wのシロッコファンなので吸引力は正直弱め。

メーカーも「作業後の後片付けも少しは楽に!」と控えめなキャッチコピーを謳ってるくらいなので、強力な集塵性能を持っている物でないのは認識しているようです。実際掃除機みたいにガンガン吸い込むようなものではありません。

じゃあ使い物にならないかと言えば決してそんな事はなく、天板から10cmくらいの距離なら削りクズや粉塵をちゃんと吸い込んでおり機能しています。それ以上離すとちょっとシブいですね。

またルーターの場合は使用するビットによっても差があり、ダイヤモンドビットや砥石で削ったような細かい粉塵はどんどん吸い取りますが、ハイスカッター系のような大きな切りクズがピンピン飛び跳ねるような物の場合は、吸引しきれすに天板カバーの場外に飛び出してしまう事がままあります。

また切削するパーツの大きさにも吸引力は左右され、吸引パネルをはみ出すような大きなパーツの切削ではどうしてもダストキャツチャーの外に切りクズも飛び出しやすくなるようです。これは仕方ないかと。



天板カバーを外すとこんな風にたくさんの切りクズと粉塵がフィルターに吸着してます。

平面のフィルターなので切りクズをたくさん溜めて置けるわけではありませんから適度なところで清掃してやったほうが良いです。吸着といっても切りクズが上に乗っかってるだけなので掃除機で簡単に吸い取れます。

そして塗装ブースのフィルターのように塗料が染み込んでいるのではないのでそう簡単には痛みませんから1枚でかなり長く使えます。


ルーターによる切削作業で、ダストキャッチャーを使った場合と使わなかった場合の作業机の汚れ具合の差です。白いプラ部品を削っているので切りクズの飛び散り具合がわかりやすいと思います。
ダストキャッチャーなし(クリックで拡大) ダストキャッチャー使用(クリックで拡大)





左画像はダストキャッチャーが吸い込みきれずに場外にどれくらいの切りクズが飛び出しているかの画像です。(クリックで拡大)

プラカスやレジンカスは粒が粗めで重いので比較的まわりに飛び散りにくいです。対してエポキシパテやポリパテの削りカスは粒か細かく軽いのでとびちりやすい傾向にあります。




作動音
作動音は塗装ブースと同じくドライヤーのような音で、体感的にはクレオスのスーパーブースよりややうるさいかなと思いました。
具体的な数値が製品仕様には記載されていませんので販売元のキソパワーツールに直接伺ったところ、作動音は測定距離1mで60dBとのご回答をいただきました。

参考までに売れ筋の塗装ブースとの作動音比較は以下の通り。
機種 作動音量
プロクソン ダストキャッチャー 60dB(測定距離1m)
GSIクレオス Mr.スーパーブース 57dB(測定距離不明)
タミヤ ペインテインングブース ツインファン 63dB(測定距離不明)

実際の作動音を録音してみました。
まず最初にルーター(プロクソン ミニルーターMM100)のスイッチを入れ、次にダストキャッチャーのスイッチオン。そして「ジジジジ」という音が入りますが、これはプラを削っている音です。

あとこの製品は同社製のルーターやペンサンダーのように定格時間というものはなく、長時間回しっぱなしにしても問題ないとの回答もいただきました。




排気用ジャバラホース

切削時に発生する粉塵にはフィルターを通り抜けてしまう細かい粒もあるので、これを室外に排気したり、排気を右側以外の方向へ向けたい場合はオプションのジャバラホースが必要になります。

製品にはジャバラホースと「カフス」と呼ばれるゴム製の取り付け部品が入っています。

ジャバラホースの規格は口径50mm。長さは200mm〜800mmの間で伸縮します。



排気は扇風機のような強い風量ではないので、こんな風にゴミ箱にホースの先を入れておくだけでもそれなりの効果があるらしいです。



使用後にゴミ箱にかぶせたビニール袋を見てみると、やはりフィルターを通り抜けた細かい粉塵が確認出来ました。左画像の白い粉がそれです。



排気を室外に逃がそうと思うと、私の作業環境ではホースの長さが、窓まで足りません。その場合はこんな風に塗装ブースを間にかませて室外排気をする事になります。ちなみに吸引力がわずかですが増幅されたように感じます。

しかしダストキャッチャーと塗装ブース両方同時に稼動させるとさすがに結構な音になります。掃除機のような酷いものではなりませんが、TVの音は聞こえません。




欠点とその対処法



純正フィルターは3枚で定価1,470円もするわりに作りが案外大味というか、ご覧のとおり本体との間に多少の隙間が出来ますので、そこから細かい粉塵が通り抜けてしまう恐れがあります。



そこでフィルターを自作しました。

園芸用の鉢底ネットの内側をくり貫いて枠部分を作りました。(ドライブースの中敷きに使用したやつ)。素材にこれを選んだのは軟質樹脂製なので作動時の振動でガタつきにくいのと、紙より耐久性があるからです。

フィルター部分はレンジフィルター使用。これまたMr.スーパーブースでペーパーフィルターの代替え品に使用してる物で、共に100均アイテムです。
これを枠に両面テープで貼り付けます。



天板カバー下の内側の吸着面全体を覆うので隙間から通り抜けることなくしっかりと粉塵をキャッチします。

これで排気に混じる粉塵はだいぶ減りました。


まあそこまで気にしなくても良いという人は、純正フィルターが痛んだらその枠だけ取り置いて、100均のレンジフィルターを貼りなおせば安上がりに済みます。



もう一点気になったのはこのダストキャッチャー、動作中の微振動が微妙に作業机に響くんですよ。感じ方は人によってまちまちでしょうが私はそれがちょっと不快。

裏側を見ると金属板に簡単なゴム脚が6つあるだけなので、こんな構造では振動が出るわけです。



で、対策として振動吸収ゴムを貼りました。

私が使ったのはWAKI ハイパー防振ゴムマット軽量用 【ホームセンターブリコ】という製品で、これを貼ったところ見事に振動がなくなりました。すっげー効果!





感想
市販のホビー用集塵機というとこのプロクソン製品しか存在しなかったからの購入でした。
(他にもあるにはあるけど、透明の箱の両端から手を入れて中で作業するような製品くらいで使いにくそう。http://www.ilovesmart.com/category.cfm?category=74

このダストキャッチャー、購入を検討するに当たってネットで評判を調べたのところ賛否両論で、ホビー用途でもその内容によって評価が大きく異なるようです。
バードカービングのようなムクの塊から派手にガシガシ削りまくるものには吸引力が足りなくて不評のようですが、一方でフィギュア造形やプラモ製作程度ならそれなりに使えるとういう感じ。個人の感想に結構振り幅のある製品です。

そういう不評があるのを知っての購入だったせいか、私にとっては予想より使える代物でした。確かにハデに削る場合は多少まわりに削りカスが飛び散るのですが、それ以外の場合はちゃんと吸引するので使うのと使わないのでは大きな差があります。満点には遠いけど欠点ではない程度の佳作だと思いました。

それまではゴミ箱の上でヤスリがけを行っていてうっかりゴミ箱内に部品を落として紛失といったトラブルがしょっちゅうあったのですが、それからは無論開放されましたし、ルーターやヤスリがけ作業中の粉塵の吸入の不安も軽減されました。少なくとも買って失敗だったと思えるものではなく、切削作業時には毎度重宝しています。





購入について
ダストキャッチャーは定価14,910円(税込)ですが、私が買ったのはKanamonoYaSan KYSという通販店で、約47%オフの7,990円で送料無料でした。恐らくネット最安値で、これくらいの価格なら割に合う買い物だと個人的には思います。
プロクソン ダストキャッチャー (集塵テーブル) No.22700
プロクソン 集塵テーブル排気用ジャバラホース(カフス付き)No.22730
プロクソン 集塵テーブル専用フィルター (3枚入り) No.22710
プロクソン 集塵テーブル専用フィルター脱臭タイプ(3枚入り)No.22720
リンク先: KanamonoYaSan KYS

《サイト内関連ページ》

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▲ このページの上へ
 HOMEツール レビュー>This page

メール 画像・文章の転載・二次使用について 掲載広告と免責事項
Copyright(C) Omami All right reserved

inserted by FC2 system