プラモデルの展示、作り方解説、アイテム情報とか
このページの英語版 English HOMEModel Gallery>This page

世界の軍艦コレクション 第24号
1/1100 戦艦 比叡 1935

制作時期:2014年6月


この模型は管理人によるディテールアップ工作を製品に施したものです。
↓各画像をクリックすると大きな画像がご覧になれます。












艦首錨と菊花紋章は1/700駆逐艦、軽巡用のパーツを複製。二番砲塔上のアンテナ線支柱を金属線で追加。足りない舷窓追加。船体と上構物各所にはシャーペンとコピックモデラー0.2mm、タミヤスミ入れ塗料でスミ入れ。
上構物はオールリペイント。艦橋合わせ目処理、ディテール追加。モデルカステン製メタルリギング0.06号で空中線再現。掲揚ロープをナイロンテグスで再現。手すり部分は白キャンバス塗り分け。
探照灯台等のトラス構造を全面マスキング塗装。1/700エッチングパーツを流用してデリックの滑車とフック追加。マスト基部の補強桁追加。マスト頂部に天皇旗掲揚。
リノリウム押さえ塗装(後でこの時代は木甲板だったと判明)。四番砲塔撤去跡の展望台をプラ材で作り直し。スクリューをリペイント。艦尾旗竿を追加し軍艦旗掲揚。
この頃の比叡最大の特徴である舷側装甲板の撤去跡は、エアーブラシでシャドウを入れ、つや消しを他の個所より強くして段差を強調。汚水捨管をプラ材で追加。ディスプレイベース天板にはエーワン手作りステッカー キラキラタイプで作った艦これホログラムステッカーでデコレート。作り方はこちら



これらの画像は、商品撮影セット フォトラ 【Amazon】を使用して撮影しました。

世界の軍艦コレクション 重巡 利根

世界の軍艦コレクションは2013年1月に創刊された隔週刊の分冊百科です。製品は大きさ約20cmの金属(ダイキャスト)製1/1100艦船模型と実艦の解説マガジンで構成されており全80号を予定。出版元は英国イーグルモス社で、日本国内の流通はハーレクイン社が請け負っています。

戦艦比叡はその第37号(6/24号)で、2014年6月3日に発売されました。



世界の軍艦コレクション 2014年 6/24号 [雑誌] 【楽天ブックス】

【Amazon】 【セブンネット】


隔週刊 世界の軍艦コレクション 公式サイト 【イーグルモス Eaglemoss Ltd.】
ハーレクイン オフィシャルサイト
1/1100 戦艦 比叡 レビュー&ディテールアップ記

ハーレクイン社からの依頼でこのシリーズのモニターを担当しています。レビューはブログに掲載していますのでそちらをご覧ください。

ディテールアップ記事は今回写真を撮影してなかったのでありません。すみません。

比叡の市販模型は戦時下の姿しかありませんでしたので、この連合艦隊華やかりし頃である練習戦艦〜御召艦時代の模型は希少な存在です。

せっかくなのでこの製品の設定である1935年の翌年の比叡の姿が写っている「昭和11年度軍艦比叡特別任務記念写真帖」の写真を参考にディテールアップしました。日中戦争、太平洋戦争が始まる前の平和な時代で、昭和天皇裕仁陛下の御召艦として比叡がその生涯で最も輝いており日本国民から親しまれていた頃の姿です。マストになびく十六八重表菊の天皇旗が神々しい・・・

そしてディスプレイベースには、時流に乗って自作艦これステッカーを貼っています。正直今回は迷ったんですが・・・(苦笑)

プラモデル並みの考証、品質とまではいかないシリーズでありますが、少々手を加えればこれくらいの物にはなるという目安になればと思います。
参考外部リンク

桜と錨の気ままなブログ

世界の軍艦コレクションの模型の監修を36号まで担当されていた桜と錨様のブログです。専門家ならではのより正確で鋭い考証を、ご自身の見解で綴られています。ぜひ合わせてお読みください。
(2014-06-14)

web拍手 by FC2

世界の軍艦コレクション
使用した主なツール
使用した主なウェザリング材
使用した張り線素材
使用した主な金属素材
その他マテリアル
資料本
このページの英語版 English
 ▲ このページの上へ
 HOMEModel Gallery>This page

メール 画像・文章の転載・二次使用について 掲載広告と免責事項
Copyright(C) Omami All right reserved

inserted by FC2 system